お茶で便秘の解消

ドックカフェに行ったときに、はちみつドリンクを発見して、

はちみつが、便秘にいいと聞いて、お茶に入れて飲むことにした!^^

● 私がよく読むサイト ⇒ 便秘 お茶 すっきり.com

お茶で便秘の解消を目指していたのですが、お茶だけだと、味が苦いので、はちみつ入れると、甘くてちょうどいい。

これなら、甘い飲み物を飲みながら、苦なく、便秘の解消とダイエットを両立できそうです。
はちみつは100gで294kcal、砂糖は100gで384Kcalなので、90kcalの差しかない。

主成分はブドウ糖、果糖、オリゴ糖などの糖分で

果糖がブドウ糖より吸収が遅いために 血糖値の急上昇を抑えるだけの話で、当然摂りすぎは太るよ。
ただ、砂糖より含まれるビタミン類は比較にならないのではちみつに置き換えるのは正解だと思う。

ただ、他の食材で補えているのなら摂る必要性は特に無いですな。
筋肉を減らさない為には強度の高い運動とタンパク質やビタミン摂取が必須。

はちみつでは維持できません。

できるなら故障したスポーツ選手は完治後のリハビリなんていらなくなるしね。
リンゴを食べて満腹感が得られるのは血糖値が上がるから。

りんご1つに含まれる多糖類のペクチンや抗酸化物質が食欲抑制効果があるなんて論文あるん?

砂糖水飲んだって同じ効果が得られるわけだが、

腹が減るのは血糖値が下がるからで、適度に糖分摂取してれば腹の虫は鳴かない。
腹が減ってても暫くすれば空腹感は収まるが、

力が入らなかったりするのは低血糖に陥ってるので飴を1つ舐めてれば良い。

ダイエットで気をつけるべきは「脂質のとりすぎ」そしてカロリーコントロールだ。

 

ドックカフェで、犬のシェルティーに出会う^^ ルイボスティーを飲みながら

犬を連れて入店していいのがドックカフェンなので、隣のテーブルに座っている人と、犬の話が気軽にできるのが、ドックカフェのいいところですね。

ドックカフェに行くと、この前は、シェルティーを連れている親子がきていました。

シェルティーは、かわいいですね。元々はシープドックといって、イギリスでは羊などを追いかけるための犬だったそうです。 その方に話を聞いてみると、すごく毛並みがいいのですが、昔はあまり毛並みがよくなかったそうです。丁寧に櫛で毎日、毛を整えているうちに、徐々にキレイになっていたっということでした。

この間でのドックカフェでは、ルイボスティーの妊娠中でも飲めるお茶を飲んでいました。妊娠中の私でも飲めるお茶がルイボス茶なので、手軽に安心して飲んでいました。

ルイボスティーとは、ミネラル・鉄分を豊富に含んでいるハーブティーの1種だそうです。質改善を目指して飲んでいる方が多く、お母さんがお子様にルイボスティーを飲ませてあげているとよく聞きます。

体が冷えやすい方にも嬉しいお茶で、赤ちゃん待ちの女性も多く飲まれているお茶がルイボス茶です。

猫カフェ

カフェといったら、食事をしながら、また軽く飲み物を飲みながらくつろいだり、勉強や仕事をするスペースといったイメージが強いですが、カフェはカフェでも、これらのイメージとは全く違ったものである猫カフェというものがあります。

猫カフェは、その名のとおり猫のいるカフェで、料金を払うことで一定時間猫たちとたわむれることのできる場所です。
やはり室内で飼われているだけあって、ある程度人なれしていたり、野良猫と比べて清潔感もあり、子供から大人までのたくさんの猫と触れ合えるとあって人気があるようです。
猫が好きな人は多いと思いますが、好きだからといってみんなが猫を飼えるわけではありませんよね。
動物を飼うのは、命を預かるわけですから責任が要りますし、世話する時間や労力・費用など、動物を飼うには乗り越えなければならない壁がたくさんあります。
飼うまではできないけれど、猫と戯れたいという方は大勢いると思います。
私もその一人なのですが、やはり道端の猫を見ても触るのは躊躇しますし、猫を飼っている知り合いもそう簡単にはいないのでなかなか猫に触れる機会がありません。
猫好きの人には是非おすすめの猫カフェですが、店舗数はそう多くありません。
普段行くカフェのように、猫カフェも気軽に行けるようになってくれたらうれしいです。

ドッグカフェ

飲食店では、ペットを連れて入るのをお断りしているお店が多いと思います。
でも、犬を散歩していて、途中でカフェに入りたい、と思うこともあると思います。
愛犬家にとって、犬を外につないで自分だけ店内へ、というのはつらいものがありますよね。
ドッグカフェはそんな人たちにはもってこいの場所です。
猫カフェというのは以前から知っていましたが、ドッグカフェという言葉を知ったのはつい最近のことです。猫カフェは、お金を払うと一定の時間飼われている猫たちと戯れることのできるくうかんなのですが、はじめにドッグカフェと聞いたときは、猫カフェのように犬たちとたわむれることのできる
空間なのだとおもっていました。
実際のドッグカフェは、犬と一緒に入れるカフェのことを指しています。
犬の散歩は時間のかかることですし、たくさん歩くのは健康にはいいかもしれませんがやはり疲れてしまいますよね。
最近ではドッグカフェも増えているようなので、愛犬家にとってはとても助かる存在です。
一人で、また家族や友人とカフェでくつろぐのもいいですが、愛犬と一緒に癒されるのもドッグカフェならではの楽しみです。
愛犬家同士の交流の幅も広がったりするかもしれません。
ドッグカフェは愛犬家にとっては生活を豊かにできる場所になりそうですね。